Jump to content

WooheeKim

Moderators
  • Content count

    8
  • Joined

  • Last visited

About WooheeKim

  • Rank
    Newbie

Profile Information

  • Country
    Japan
  • Are you University user?
    No
  1. FEM解析や構造最適化計算結果、3Dスキャンデータを、なめらかな面のCADデータに変換する操作方法を前編・後編に分けて紹介します。 前編:STLを直接編集する きれいな面を新規作成する(後編) STLは参照するのみ、CADモデルへの作り直しを1日, 2日で行える技術があります。 ・中心軸にスナップして3Dカーブを描く ・PolyNURBS(STLをなぞる) ・リモデルのセオリー ・中心軸にスナップして3Dカーブを描く Optimization.stlのファイルを「Import for rendering / reconstruction」でインポートします。 中心軸にスナップ というスナップオプションを使いながらNURBSカーブを描きます。 NURBSカーブのコマンドを実行後、棒状部分にマウスを置くとスナップアイコンが表示されます。 この表示があるときにNURBSカーブのポイントを配置していきます。 断面形状を描き、パイプ というコマンドを使うことで複雑なビーム形状も短時間で作成できます。 ・PolyNURBS(STLをなぞる) ビーム形状はポリキューブというPolyNURBSプリミティブを、粘土のように引き伸ばしていくことで新規作成します。 このPolyNURBSはInspireのPolyNURBSと同じで、どちらのソフトウェアで作成しても同じジオメトリ情報をもっています。 動画をご覧いただきながら練習できるモデルbase.evoを用意しましたので、ご興味ある方はぜひトライしてみてください! ブリッジの作成というボタンを利用してノードを作成します。 ・リモデルのセオリー STLをリモデルする上でいくつかセオリーがあると考えています。 もちろん設計や生産の制約と照らし合わせて考えなくてはいけないところですが、まだモデリングのルールが見えないときは是非このセオリーを参考にしていただければ幸いです。 操作動画もご覧いただけます。 STLデータのリモデル後編_なし.mp4 ※こちらの動画は右クリックでダウンロードすることができます。 YouTubeには動画が多数ございます。ぜひご覧ください!
  2. FEM解析や構造最適化計算結果、3Dスキャンデータを、なめらかな面のCADデータに変換する操作方法を前編・後編に分けて紹介します。 STLを直接編集する(前編) STLデータのまま直接編集する方法として以下の機能があります。 ・パッチ数をへらす ・スムージング ・部分消去、穴を閉じる きれいな面を新規作成する(後編) STLは参照するのみ、CADモデルへの作り直しを1日, 2日で行える技術があります。 ・中心軸にスナップして3Dカーブを描く ・PolyNURBS(STLをなぞる) ・リモデルのセオリー まずはSTLデータをインポートします。 STLを直接編集する(前編)ではインポートオプションで「Import for modeling」を選択して読み込みます。 きれいな面を新規作成する(後編)では「Import for rendering / reconstruction」を選択します。 ・パッチ数をへらす PolyNURBSの簡素化というコマンドを使います。 Bridge.stlのファイルを「Import for modeling」でインポートします。 コマンド実行後、STLオブジェクトを選択し、プロパティのフェイス削減率の%を編集します。   ・スムージング プロパティの編集で頂点にチェックを入れ、スムーズにしたい頂点をドラッグで囲って選びプロパティのスムージングボタンを押します。 押し続けることでどんどんスムーズになります。   ・部分消去、穴を閉じる プロパティの編集で頂点・エッジ・フェイスのいずれかにチェックを入れて、消去したい頂点・エッジ・フェイスを選択してdeleteキーで消去します。 穴を閉じるコマンドを実行すると穴が水色でハイライト表示され、そのハイライトエッジをクリックすると1枚のフェイスで穴が閉じられます。 操作動画もご覧いただけます。 STLデータのリモデル前編_なし.mp4 ※こちらの動画は右クリックでダウンロードすることができます。 YouTubeには動画が多数ございます。ぜひご覧ください!
  3. solidThinking Evolveで3Dプリンティング用のデータを作成する方法をご紹介します。 トポロジー最適化を行いリモデルした自動車のサスペンションアームのモデルデータを使って説明します。 Evolveのデータはダウンロード可能です!3Dプリンティング.evo コマンド履歴のプロパティから詳細を確認していただけます。 まず、モデルデータをインポートします。 インポート可能な形式は以下の通りです。 ★おまけ★ インポートしたモデルに、Illustratorで作成したロゴを刻印します。 Illustratorでver8にダウングレードした.aiファイルを保存し、Evolveでインポートします。 インポートしたカーブに「フィルパス」で面を貼り、適当な位置に移動して「押し出し」、サスペンションアームと「ブーリアン結合」を行います。 3DプリンティングするにはSTLデータが必要です。 Evolveでは、STLデータをエクスポートできるだけでなく、3Dプリンティングの積層サイズに合わせられるようなコマンドがあります。 「NURBSからポリメッシュ」というコマンドを実行し、プリントしたいオブジェクトを選択します。 プロパティでアドバンスドテッセレーションを選択し、ポリゴン寸法の最大値に任意の数字を入力します。 テッセレーションをかけたモデルを選び、ファイルメニューの選択したものを保存で拡張子STLを選び、保存します。 お持ちの3Dプリンターの積層ピッチなどに合わせ、よりきれいな3Dプリンティングパーツを印刷しましょう! 操作動画もご覧いただけます。 3Dプリンティングのためのデータ作成.mp4
  4. 《HyperWorksユニットライセンスではなく、solidThinkingのスタンドアロンライセンスをお使いのユーザー様に向けた内容です》 solidThinking製品のスタンドアロン版のライセンス更新方法を、ライセンスの種類ごとに紹介します。 (対象製品:Inspire, Evolve, Click2Cast, Click2Extrude, Click2Form, Activate, Compose, Embed) *ソフトウェアの最新版は弊社HP(ダウンロード→製品)でご案内しています。http://solidthinking.jp/Default.aspx *ノードロックライセンスの設定方法は2種類あります。 *ノードロックライセンスの更新は各ホストマシン全てに行い、お使いのバージョン全てに設定が必要です。 *ネットワークライセンスの更新はサーバーマシンに対して行います。 *ライセンスウィザードから更新ライセンスを選択する場合、日本語を含むフォルダ名があると認証エラーになります。 *ライセンスウィザードのUI言語は、ソフトウェアをインストールするときに選んだ言語から変更ができません。 ノードロックライセンス 更新のために必要なもの:更新ライセンス(altair_lic.dat) 方法① ・更新ライセンスをデスクトップへコピーしておきます。 ・ライセンスウィザードを起動します。 ・真ん中の青いアイコンを押し、デスクトップの更新ライセンスを選択し「開く」をクリックします。 ・右下の閉じるボタンを押しライセンスウィザードを閉じてソフトウェアを起動します。 方法② ・ソフトウェアのインストールフォルダのsecurityフォルダを開きます。  Windowsのデフォルト(Inspire 2018.1の場合):C:¥Program Files¥Inspire¥2018.1¥security ・フォルダの中に更新ライセンスをコピーし、altair_lic.datファイルを上書きします。 ・ソフトウェアを起動します。 ノードロックライセンス+USBキー 更新のために必要なもの:更新ライセンス(altair_lic.dat)、USBキー 方法① ・更新ライセンスをデスクトップへコピーしておきます。 ・USBキーを挿します。 ・ライセンスウィザードを起動します、右上にUSBのマークがあることを確認します。 ・真ん中の青いアイコンを押し、デスクトップの更新ライセンスを選択し「開く」をクリックします。 ・右下の閉じるボタンを押しライセンスウィザードを閉じてソフトウェアを起動します。 方法② ・ソフトウェアのインストールフォルダのsecurityフォルダを開きます。   Windowsのデフォルト(Inspire 2018.1の場合):C:¥Program Files¥Inspire¥2018.1¥security   Mac OS Xのデフォルト(Evolve 2017.3.2の場合):/Applications/Evolve 2017.3.2/security ・フォルダの中に更新ライセンスをコピーし、altair_lic.datファイルを上書きします。 ・USBを挿した状態でソフトウェアを起動します。 ネットワークライセンス 更新のために必要なもの:更新ライセンス(altair_lic.dat) ・サーバーマシンのライセンスシステムのインストールフォルダのlicensing14.0フォルダを開きます。   Windowsのデフォルト(14.0場合):C:¥Program Files¥Altair¥licensing14.0   Mac OS Xのデフォルト(14.0の場合):/Applications/Altair/licensing14.0 ・フォルダの中に更新ライセンスをコピーし、altair_lic.datファイルを上書きします。 ・ライセンスシステムを再起動します。   Windows:コンピューターの管理→サービスとアプリケーション→サービスの中のAltair License Serverを選びサービスの再起動   Mac OS X:マシンを再起動 ライセンスの更新で問題がある場合は弊社サポートにお問い合わせいただくようお願いいたします。 support@altairjp.co.jp webでご覧いただけるインストールガイド https://cdn2.hubspot.net/hubfs/47251/2017_Japan/PDF/sT_installGuide.pdf
  5. 3Dモデリング・レンダリングソフトsolidThinking Evolveで、CAEソフトウェアの解析結果ファイルを読み込み、フォトリアルな映像を作成する操作ビデオです。 前編では定点での映像の作成方法、後編ではカメラワークを設定したダイナミックでリアルな映像の作成方法をご紹介します。 モデルのダウンロードはこちら: アニメーションレンダリング前編.evo アニメーションレンダリング後編.evo アルテアのソルバーであればそのままh3dファイルが出力できます! 他社ソルバーの場合は、HyperViewで結果ファイルを読み、「Export Model」でh3dファイルを出力します。 *Resultsのチェックを外すとコンター情報が削除されます、Evolveではコンター情報は読まないのでチェックを外してしまってOKです。 *HyperViewでは非表示になる破断したオブジェクトはEvolveでは表示されてしまいます、Evolveでそのオブジェクトを非表示or削除してください。 *CFD解析結果はEvolveではサポートしていません。 アルテアのYouTubeでは他にも多くの操作動画をご紹介しています。(solidThinking Evolveで検索) アニメーションレンダリング前編_なし.mp4 アニメーションレンダリング後編_なし.mp4 ※こちらの動画は右クリックでダウンロードすることができます。
  6. solidThinking Evolveで車のホイールのスポーク形状のデザインを検討している様子を早送りで録画しました。 サーフェス、ソリッド、ポリゴン(サブディビジョン)という3つの異なるモデリングに対応するハイブリッドモデラーのEvolveで、スケッチ感覚でモデルを立ち上げていくデモンストレーション動画としてぜひご覧ください。 アルテアのYouTubeでは他にも多くの操作動画をご紹介しています。(solidThinking Evolveで検索) ※こちらの動画は右クリックでダウンロードすることができます 車のホイールのデザインレビュー_.mp4
  7. 3DCADをお使いの皆さん、複雑な曲面の作成に時間がかかっていませんか? 「複雑なサーフェスをつなぐ作業に時間がかかりすぎる」 「表現できない形状がある」 新しく設計された部分の面と既存パートをつなぎ合わせる作業をなるべく短時間で済ませたい、Macbookの上蓋のような普通のR付けではない曲面を作成したい・・・寸法ベースのCADでは難しい作業でも、面と面を繋ぐためのコマンドが多数搭載された座標ベースのツールで補完すれば簡単に解決できます。 3DCADのノウハウは知れば知るほど効率が上がります! 3Dスキャンデータの適切なデータ処理方法についてご相談を承ります。 アルテアのYouTubeでは他にも多くの操作動画をご紹介しています。(solidThinking Evolveで検索) ※こちらの動画は右クリックでダウンロードすることができます。 機械系CADの補完ツール.mp4
×