Jump to content

Imoto

Moderators
  • Content count

    139
  • Joined

  • Last visited

  • Days Won

    5

Imoto last won the day on June 11

Imoto had the most liked content!

1 Follower

About Imoto

  • Rank
    Expert User

Profile Information

  • Gender
    Male
  • Country
    Japan
  • Are you University user?
    No

Recent Profile Visitors

1160 profile views
  1. 「Process Manager」で利用するタスクや、操作パネルを作成するには、「Process Studio」を利用します。 Windowsのスタート⇒プログラム⇒Altair HyperWorks⇒Tools⇒Process Studioから起動することができます。 Process Studioでは、以下のビデオのようにタスク(プロセス)の追加や、各タスクで用いる操作パネルの作成ができます。 ProcessStudio-Add.mp4
  2. Process Managerとは、予め決められたプロセスに従い、ユーザーが順番に操作していくことができるフレームワークです。 HyperMeshや、HyperView上で動作させることができます。 標準でもいくつかのプロセスが用意されています。例えば、HyperMeshの場合、プルダウンメニューMesh⇒TetraMesh Process⇒Create Newに、『TetraMesh Process』というテトラ要素を作成するためのプロセスが用意されています。 ↑TetraMesh Processの例(各項目をクリックすると、専用の操作パネルが表示されます) Process Managerでは、お客様が独自のプロセスやメニューパネルを作成して、カスタマイズすることが可能です。
  3. 下図のように、モデルブラウザで値の編集を行う『エンティティエディタ』にカードイメージなどが表示されない場合は、ユーザープロファイルの設定がされていないことが考えられます。 プルダウンメニューPreferences⇒User profilesから、ご利用のソルバーを選んでから、OKボタンを押すとエンティティエディタにカードイメージなどが正しく表示されます。
  4. 例えば、「aabbccddeeddggqqlldd」という文字列から、「dd」だけを消した状態にしたい場合は、下記のようにします。 方法1:splitコマンドを使う方法 set ORIGINAL "aabbccddeeddggqqlldd"; set REMOVE "dd"; set NEWNAME ""; foreach S [split $ORIGINAL $REMOVE] { if {$S != ""} { append NEWNAME $S; } } puts "$NEWNAME"; 方法2:regsubコマンドを使う方法 set ORIGINAL "aabbccddeeddggqqlldd"; set REMOVE "dd"; set NEWNAME [regsub -all $REMOVE $ORIGINAL ""]; いずれも実行すると、「aabbcceeggqqll」が返るハズです。
  5. Pohan, It works fine, please attach your model. Thanks, Imoto
  6. 指定した節点経路の値をカーブ化したい場合は、Measures⇒Node Pathをご利用下さい。 Measure-NodePath2.mp4
  7. It might be hm_getcoordinatesofpointsonline. Example: *createentitypanel lines "Select line"; set lineid [hm_info lastselectedentity lines]; foreach coord [hm_getcoordinatesofpointsonline $lineid "0 0.3 0.6"] { tk_messageBox -message "Coordinate = $coord"; }
  8. midsurfacesパネルで複数のコンポーネントに中立面を抽出してから、同パネルのsort機能でmidsurface⇒元のコンポーネント名ベースにコンポーネントを分けた場合、プルダウンView⇒Command windowを表示して、下記のコマンドを貼り付けると、コンポーネント名と板厚のリストが作成できます。 *createmarkpanel comps 1 "Select components"; foreach compid [hm_getmark comps 1] { set compname [hm_getvalue comps id=$compid dataname=name]; *createmark surfs 1 "by comp id" $compid; set edges [lindex [hm_getedgeloops surfs markid=1] 0]; set point [lindex [hm_getverticesfromedge [lindex $edges end]] end]; set thick [lindex [lindex [hm_getsurfacethicknessvalues points $point] 0] 1]; puts "compname = $compname , T = $thick"; } ただ、板厚の関連付け目的であれば、プルダウンメニューMesh⇒Edit⇒Elements⇒Midmesh Thickness機能がオススメです。
  9. You can use hm_collision* commands. Ex: *createmark elems 1 displayed; hm_collisioninit; hm_collisionentitycreate elems 1 0 1 0 0 0 0 0 0; hm_collisioncheck 1 0 0 0 0 0 0 90.0 0 1 0.0 1; hm_getmark elems 1; hm_collisionend; Thanks, Imoto
  10. You can use hm_getelemcheckelems command. Example: hm_createmark elems 1 "by config" 104; set fail [hm_getelemcheckelems 1 2 length below 1.0]; hm_createmark elems 1 $fail; *deletemark elems 1; Thanks, Imoto
  11. -補足- フォーマットと、ファイル名を決めてから、「OK」ボタンを押すと、下記のようなワーニングが表示されます。 時々、「エラーが表示されたのですが、どうすればいいですか?」というお問い合わせをいただきますが、これはエラーではありません。 『このユーティリティは、変形倍率を大きく表示するDeformedの設定は無視して、本来の変形状態でエクスポートします』といった旨の ワーニングメッセージで、常に表示されるものですので、「はい(Y)」を押して進んで下さい。
  12. 変形した結果を、ソルバーの入力データとしてエクスポートしたい場合は、プルダンメニュー「File」⇒「Export」⇒「Solver Deck」機能をご利用下さい。
  13. It's working fine with Start-in directory in my PC and my colleag's PC. I tested with attached userpage.mac. userpage.mac Thanks, Imoto
  14. How about HW_CONFIG_PATH environment variable?
×